孤独死が怖い、嫌だから対策をする!


Photo by Alvin Mahmudov on Unsplash

仕事が楽しくて充実していた20代、恋愛もそれなりにしてきたが、浮気された事もあった。

そんな事はよくある話だが、あなたの中では結構大きく、女性に対して勇気が踏み出せない。仕事も忙しいし・・・

そんな方は、孤独死という背水の陣を思い浮かべてください。「女性から退かない勇気」を、孤独死を意識する事で手に入れてください!

孤独死とは

孤独死とは、主に一人暮らしの方が誰にも看取られずにその方の住居内で死亡している事をさします。単身者が自宅で死亡しているのを発見されるケースです。

なお孤立死や独居死、無縁死もこの記事では同じ意味とします。(孤独死は主観的な視点、孤立死は客観的な視点などの違いは今回省きます)

孤立死の統計

孤立死の統計は取りにくくなっています。

なぜなら、孤立死と思われる遺体は異常死として取り扱われて、死体検案を受けます。この死体検案で様々な情報を集めますが、情報を集める監察医の方などが設置される制度が、東京都特別区と大阪市、神戸市等くらいしか設置されていません。

下記は東京特別区を例にして孤独死数に触れていきます。

  • 男性では、40,50歳代から急激に孤独死数が増大し、65~69歳で約550人とピークになります。
  • 女性は、70歳以降に急激に増大します。

東京都23区の孤独死の死因には循環器疾患、自殺、アルコール性肝障害などがあります。

自殺については、中年の独身の男性は自殺率が高まるという事が明らかになっています。
アルコール性肝障害では、男性孤独死者の周りにからの空き瓶が散乱状態で発見される事例があります。

高齢者はしっかり孤独死の対策をしている

大阪府監察医事務所の死体検案例では、独居の高齢者の遺体は平均4.36日で発見されています。発見のされ方の割合は以下になります。

家族友人による発見 46.2%
ヘルパーさんによる発見 26.5%
周りによる発見 約5%ずつ
職場からの問い合わせで発見 約3%

周りとは、新聞が溜まっているのを不審に感じた方や家賃滞納、異臭などが原因です。

孤独死の死因は以下になります。(こちらでは自殺を除きます)

循環器疾患 約31.7%
感染症 不明
入浴関連死 10.5%

孤立死に関して、高齢者の方が若年者より発見が早いことが明らかになりました。なぜなら、高齢者になるほど、社会的なつながりを持つように、本人や家族が努力しているからです。

遺体発見まで時間が一番かかるのはやはり、一人暮らしで無職の男性でした。近所付き合いや家庭環境が女性を中心にコミュニケーションが行われており、女性の大切さが再確認されています。ただ、高齢者でも社会とのつながりがあれば、発見される事が確認されました。

そのほかにも、孤独死してから、都会で無視されない方法としてヘルパーさんやかかりつけ医の重要性が挙げられます。

内閣府によると、独居高齢者の76.3%は独居の継続を希望しています。また、独居高齢者の59.3%はグループ活動への参加意向も希望していませんでした。
参考元:内閣府: 高齢者の生活実態などに関する意識調査結果.2015. http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h26/sougou/zentai/pdf/s2-1-1.pdf

そんな時あなたに家族がいれば、家族が「あなたのわがままには困る」と反応してくれるかもしれません。

孤独死しやすい方の特徴

孤立死につながりやすい生活をしている方、孤独死後、発見が遅れやすい方の特徴を挙げていきます。2010~2014年の山形県で自宅で死亡し、死後長時間発見されなかった方のデータなどを参考にしています。

  • 毎日会話をしていない方(人と話さない日がある、社会的交流が何もない日が結構ある方)
  • 引きこもりの方
  • 不仲で家庭内別居中の方
  • 介護者が死亡し、被介護者も死亡する事例もあります。

40代からはじめる孤独死対策!

独身、一人暮らしの方、特に男性の全てが、孤立や社会的孤独の状態ではないですが、休日などは家から出ずに、社会から隔離した生活を送ってしまう可能性が高いです。仕事以外のつながりが薄くなってしまう傾向があります。

  1. 対策として、結婚しましょう!
  2. 未婚の方は特に、婚活を始めましょう!同世代の方もたくさんいらっしゃいます。

婚活には色々な種類がございます。結婚相談所、婚活アプリ、婚活パーティーなどです。

結婚相談所にも仲人の方と2人3脚でお相手を探していく、仲人型結婚相談所とネット婚活と言われるインターネットで自分でお相手を探していくデータマッチング型結婚相談所があります。

  • 未婚でお金に余裕があるなら、仲人型結婚相談所を選んでください!
    休日や空いた時間に人とコミュニケーションを取る事ができます。仲人の方や将来のパートナーになる可能性のある方達と話せます。
  • お金と時間に余裕がないならデータマッチング型結婚相談所を選びましょう。
    仲人型結婚相談所より料金が安く、手軽に始めやすいシステムになっています。

他にも婚活の種類がありますが、なぜこの2種類をおすすめするのかというと、結婚相談所では、独身証明書という公的機関(市区町村)が発行するその名の通り、独身であることを証明する書類の提出が男性女性どちらも必須だからです!

さらに、結婚相談所は料金は高いですが、一年以内に結婚するお相手を見つけられる方が多いです!

結婚できれば、孤独死の可能性は今よりはるかに減ります。さらに子どもを授かる可能性もあるのは嬉しいことです!

データマッチング型結婚相談所なら、エン婚活エージェントが格安の値段になっています。(店舗がないのでその分安くサービスを提供しているところです。)会員数の多さなら楽天オーネットがおすすめです。

まとめ

お金を蓄えて老後の孤独死に備えるより、今話し相手があなたの家に居てくれる嬉しさ、ありがたさを手に入れるためにお金を少しこちらに回しましょう!

参考文献
著:森田沙斗武  西  克治  古川 智之  一杉 正仁 「高齢者孤立死の現状と背景についての検討」日本交通科学学会誌

著:金涌 佳雅 日本医科大学法医学 「孤立(孤独)死とその実態」日本医科大学医学会雑誌第14巻第3号